飛散防止フィルムFAQ

飛散防止フィルムを貼るとガラスが割れにくくなるの?

飛散防止フィルムは、ガラスが割れた際の破片の飛散・落下による二次災害や、アーケードなどのガラス面への落下物の貫通を防ぐためのものです。施工したからといってガラス自体の強度が高まり、割れなくなるというわけでは決してありません。

ガラス飛散防止効果について、データー面での裏付けは?

はい。基本的にはほとんどの製品が、JIS A 5759規格に基づく各種試験をクリアしているほか、爆発によるガラス飛散防止試験などもクリアしています。個々のアイテムの飛散防止効果やそのデータ的裏付けの有無については、フィルム選定の際に別途お問い合わせください。

飛散防止フィルムの効果と実験

ウインドーフィルムの耐久年数はどのくらい?

目安としては、外貼りタイプで7年、内貼りタイプで10年程度持続します。社団法人日本保安用品協会および日本ウインドフィルム工業会の指針でも、施工後10年以上経過したものについては貼り替えることを推奨しています。

飛散防止フィルム
飛散防止フィルムの耐久年数、規格などについてのFAQ
UVカット・断熱フィルム
光線過敏症(紫外線カット)や、断熱・熱線反射についてのFAQ
防虫フィルム
防虫の効果のある昆虫の種類や、データについてのFAQ
プライバシーフィルム
近隣対策や浴室のシルエットについてのFAQ