防犯フィルム工事をお考えのお客様へ

防犯用ウィンドウフィルムは、防犯フィルム施工技能者が施工します

住宅のガラス窓等に防犯用ウィンドウフィルムを貼付する施工については、防犯フィルム施工技能者の認定を受けた者が行います。日本ウインドウ・フィルム工業会では、防犯フィルム施工技能者が施工(貼付)した防犯用ウィンドウフィルム(CPフィルム)に防犯性能の高い建物部品であることの証である「CPマーク」を貼付することとしています。

また、防犯フィルム施工技能者が防犯用ウィンドウフィルム(CPフィルム)を施工(貼付)する場合、お客様に対して以下に図示してあります「防犯フィルム施工技能者の認定証」を提示するとともに、養生期間等、防犯用ウィンドウフィルム(CPフィルム)が本来の防犯性能を発揮する条件について説明します。日本ウインドウ・フィルム工業会としては、防犯フィルム施工技能者以外の者、例えば、お客様が施工(貼付)することは、防犯用ウィンドウフィルム(CPフィルム)本来の防犯性能を発揮することが難しい為、お薦めできません

防犯フィルム見積フォームのページに移動

防犯フィルム施工技能者の認定証

clear

CPフィルムが防犯性能を発揮するまでには、一定の養生期間が必要です

養生期間の目安は以下の通りです。この養生期間は、気温が高いほど短縮されます

  • (1)冬季以外における養生期間 : 30日程度( 4月~10月)
  • (2)冬季における養生期間 : 60日程度(11月~ 3月)

ただし、冬季における養生期間は、一般的室温下を想定