化学物質とはどんな建材から発散するのか

厚生労働省が濃度指針値を定めた13物質

科学物質 指針値 主な用途
①ホルムアルデヒド 0.08ppm 合板、パーティクルボード、壁紙用接着剤などに用いられるユリア系、メラミン系、フェノール系等の合成樹脂、接着剤・1部ののり等の防腐剤
②アセトアルデヒド 0.03ppm ホルムアルデヒド同様一部の接着剤、防腐剤等
③トルエン 0.07ppm 内装材等の施工用接着剤、塗装等
④キシレン 0.20ppm 内装材等の施工用接着剤、塗装等
⑤エチルベンゼン 0.88ppm 内装材等の施工用接着剤、塗装等
⑥スチレン 0.05ppm ポリスチレン樹脂等を使用した断熱材等
⑦パラジクロロベンゼン 0.04ppm 衣類の防虫剤、トイレの芳香剤等
⑧テトラデカン 0.04ppm 灯油、塗料等の溶剤
⑨クロルピリホス 0.07ppb しろあり駆除剤
⑩フェノブカルブ 3.8ppb しろあり駆除剤
⑪ダイアジノン 0.02ppb 殺虫剤
⑫フタル酸ジ-n-ブチル 0.02ppm 塗料、接着剤等の可塑剤
⑬フタル酸ジ-2-エチルヘキシル 7.6ppb 壁紙、床材等の可塑剤

は建築基準法の規制対象物質。①~⑥は住宅性能表示で濃度を測定できる6物質

揮発性の有機化合物の沸点と分類

揮発性の有機化合物の沸点と分類グラフ

建材や塗料などから住宅の室内に放散する化学物質を<揮発性有機化合物>と呼びます。全体としてVOCと総称されることもありますがこれはVolatile Organic Vompoundsの頭文字をとったものです。

WHO(世界保健機構)では揮発性有機化合物を揮発性の高さ(沸点)に応じていくつかに分類しています。

POM(粒子状物質)/ SVOC(半揮発性有機化合物)/ VOC(揮発性有機化合物)/ VVOC(高揮発性有機化合物)