紫外線保健指導

保健指導のポイント

  • 紫外線についての正しい知識
  • 紫外線の健康影響についての正しい知識
  • 紫外線防御についての正しい知識
間違い 正しい
日焼け(サンタン)は健康的である。 日焼け(サンタン)は、体が紫外線による被害を防ごうとする防衛本能ですが、その効果は小さく注意信号と考えるべき。
日焼け(サンタン)は私たちを日光から守ってくれる。 白い皮膚に出来た日焼け(サンタン)はSPFがわずか4程度の日焼け防止効果しかありません。
曇った日は、日焼け(サンタン)しない。 薄い雲の場合、紫外線の80%以上が通過します。大気中の汚れは紫外線への曝露を増加させることもあります。
冬の間の紫外線は危険ではない。 一般的に冬の紫外線は弱いが、雪による反射により2倍近い曝露となります。特に、高い山では注意が必要です。
水の中では日焼け(サンタン)をしない。 水はわずかな紫外線しか防いでくれません。むしろ、水面の反射は紫外線の曝露を増やすといえます。
日焼け止めクリームは私たちを守ってくれるので、非常に長い時間日光を浴びて大丈夫である。 日焼け止めクリームは紫外線を浴びることが避けられない時に防止効果を高めるものですが、太陽に長時間あたる為に使用するのは間違いです。
日光浴の途中で定期的に休憩をとると、日焼け(サンタン)を起こさない。 紫外線曝露は一日を通して蓄積されていきます。
太陽の光に暑さを感じない時には、日焼け(サンタン)を起こさない。 サンタンは私たちが感じることの出来ない紫外線によるものです。熱さを感じるのは赤外線によるもので、紫外線ではありません。

紫外線(UV)に関連する様々な情報をご紹介してますのでお役立て下さい